韓国女優 イ・ウンジュさんをいつまでも記録したいので・・・・


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「火の鳥」24話から・・・・・
VIDEO_DVD-1_20080505082014.jpg

VIDEO_DVD-2_20080505082114.jpg

VIDEO_DVD-3_20080505082136.jpg

VIDEO_DVD-5_20080505082154.jpg

VIDEO_DVD-7_20080505082217.jpg

ジョンミンとの思い出の品を燃やしていたジウンは、突然男たちに拉致される。父ムンスの肉声が録音されたレコーダーを手に入れるため、ジョンミンがジウンを人質にしたのだった。
セフンはレコーダーを渡し、ジウンは釈放される。唯一の証拠品を手放したためジウンは失望するが、そのレコーダーは偽物だった。怒ったジョンミンは警察に通報し、セフンは横領罪及び外為法違反の容疑で逮捕される。動揺するジウンに、セフンは「あきらめちゃ駄目だ」と声を掛け、連行される。

ソリングループの社内でジウンに会ったミランは、「あなたのせいでセフンの人生は終わった」と言い、ジウンを責める。
一方、別の汚職事件が発端となってソリン社にも捜査のメスが入り、突然捜査官に踏み込まれたムンスはその場で倒れて意識不明の重体になる。ジョンミンも捜査官に連行されるものの、ムンスが息子に罪が及ばぬように取り計らっていたため釈放される。
その後、ソリンの贈賄事件が決着したためセフンは無罪で釈放され、心を痛めていたジウンは安心する。ホジンはセフンに「会社のほうは一つずつ片付ければいいが、ジウンはどうするんだ」と尋ねる。

愛する息子ジョンミンに手を握られながらムンスは息を引き取る。葬儀が終わり散骨を済ませたジョンミンは、自暴自棄に陥って酒を飲み、無謀な運転で車を走らせる。
【2008/05/05 08:23】 ウンジュさん | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ウンジュさん | ホーム | ウンジュさん>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://maririn12121.blog115.fc2.com/tb.php/176-89d74213
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。